HOMEカテゴリ一覧トンネル・地下構造物関連プロダクト

トンネル・地下構造物山岳・シールド・開削トンネル、立坑・山留め、共同溝、地下鉄駅舎・地下駐車場等の地中構造物を対象とした設計、解析、開発のソリューションを提供します。

関連プロダクト

●FLAC/FLAC3D   ●PFC2D/PFC3D
FLAC/FLAC3D FLAC、FLAC3Dは有限差分法(FDM)を用いた、塑性大変形を含む現象の解析プログラムです。地盤工学、岩盤工学等、広範囲に適用が可能で、施工工程に沿った解析に適しています。有限要素法のプログラムに比べ、大変形、大歪等が扱えることが大きな特徴です。   PFC2D/PFC3D PFCは土粒子、砂、粉体等の粒状体の流動・混合挙動だけでなく、変形から破壊、亀裂の進展、崩壊といった非連続体挙動の解析プログラムです。また、CCFD(流体連成解析)アドオンを追加することにより、粒状体と流体の連成挙動解析も可能です。
 詳しく見る   詳しく見る

●UDEC/3DEC   ●LiQSMART
UDEC/3DEC UDEC/3DECは、複雑な節理面を持つ岩盤などのブロック集合体の安定解析や動的崩壊過程を個別要素法によりシミュレートする解析プログラムです。 また、構造要素(支保工)、浸透流、および熱問題、動的挙動の解析機能を有し、様々な連成問題にも対応できます。   LiQSMART 簡易液状化解析システム「LiQSMART」では、液状化の検討が“SHAKE”程度の入力項目で手軽に行なえます。さらに土質試験の結果などが無い場合、N値等から液状化強度など各種パラメータを推定することも可能です。
 詳しく見る   詳しく見る

●Soil Plus   ●D-PROP
Soil Plus 地盤・浸透流・耐震統合FEM解析ソフトウェア「Soil Plus」は、CTCが受託解析業務で使用している信頼性の高いソルバーを2次元/3次元プリポスト上に統合した、“静的・浸透流・動的問題を考慮した総合的な解析”が可能なソフトウェアです。   D-PROP 「D-PROP」は、一次元波動伝播解析で最もポピュラーなSHAKEの機能に、FDEL(Frequency Dependent Equi-Linearized Techniqe:杉戸の方法)を搭載し、収束性の向上を図った地震動作成システムです。
 詳しく見る   詳しく見る

●D-WAVE   ●DYNA2E
D-WAVE 「 D-WAVE」は、入力地震動設定に関する各種の手法を統合し、耐震設計に必要とされている様々な波形処理機能を基本とし、各種地震動を作成するシステムです。   DYNA2E 「DYNA2E」は土木・建築分野における骨組み解析を対象として、橋梁、建築、機器構造物および原子力建屋等での豊富な解析実績をもつ、2次元/3次元骨組構造物の非線形動的解析ソフトウェアです。
 詳しく見る   詳しく見る

●KASETSU-5X   ●AutoCAD
KASETSU-5X 慣用法と弾塑性による山留め壁の仮設時断面力計算および、山留め壁、支保工の応力度計算プログラムです。圧倒的なシェアと実績を誇り、機能面においても他社の追撃を許さない業界スタンダードなプログラムです。   AutoCAD AutoCAD® は、強力な接続型設計ツールで、身のまわりにあるさまざまなものをデザインし、かたちにする新しい3D CAD ソフト。印象深い3次元デザインの創造と、ドキュメント作成の高速化、クラウドを介した設計のコラボレーションが可能です。設計にはモバイル デバイスからアクセスできます。
詳しく見る   詳しく見る

●AutoCAD civil3D   ●Navis+
AutoCAD civil3D AutoCAD Civil 3D®は(BIM/CIM)のワークフローをサポートする、土木工学設計およびドキュメント ソリューションです。AutoCAD Civil 3D を使用すると、インフラストラクチャの専門家がプロジェクトのパフォーマンスを深く理解し、変化に対してより迅速に対応できるようになります。   Navis+ Navis+は、Navisworks上で動作するアドオンソフトです。3次元モデルに、エクセルなどで編集した属性情報や画像・ドキュメント類を、設計・施工・管理の各フェーズに応じて付加していくことで建設ライフサイクルでの情報共有が可能になります。
詳しく見る   詳しく見る

●GEORAMA for Civil3D   ●C-Shield
GEORAMA for Civil3D GEORAMAは調査ボーリング、既存の地質平面・断面図などの断片的なデータを基に3次元地盤モデル・3次元地質モデルを作成するためのソフトウェアです。   C-Shield C-Shieldは現場で測量された位置情報等から自動的にセグメントリングとマシン位置を再現します。
手間がかかるモデリング作業をわずかワンクリックで行えるため、現場の手を煩わせることなくCIMモデルを作成できます。CIMモデルはテールク リアランスの確認や地下埋設物との離隔、土かぶり等を計測するため際、非常に有効なツールとなります。
詳しく見る   詳しく見る

●C-Grout    
C-Pont C-Groutは地盤改良工事のうち特に薬液注入結果を3次元空間上で再現します。施工中計測しているセンサー情報を元に、地中の注入状況と地表 面の変位状況を“見える化”し、施工管理やトレーサビリティー、品質管理といったシーンで効果を発揮します。      
詳しく見る