HOME > プロダクト一覧 > Femap > 動作環境

動作環境Femap:汎用日本語有限要素法プリポスト

FEMAP 11.1/11.1.1

プラットフォーム Intel Pentium, Xeon, Core 2, Core i5/7,
AMD Athlon, Opteron, Phenom, 他
(Intel x86系および互換、AMD 64(x86-64)、Intel 64(EM64T)準拠CPU)
OS スタンドアローン版
  • Windows Vista
  • Widnwos 7
  • Windows 8.x

※スタンドアローン版はWindows「リモートデスクトップ」(ターミナルサービス)で使用できません。

ネットワーク版
  • Windows Vista
  • Widnwos 7
  • Windows 8.x
  • Windows Server 2008, 2008 R2, 2012
メモリ 64bit 4GB(推奨 8GB以上)
※Windows自身が消費するメモリ量を考慮した上で、搭載メモリ量を決定してください。またFemapで扱うモデル規模も考慮下さい。
ハードディスク 最小セットアップ 800MB/最大セットアップ 3.2GB
空き容量10GB以上を推奨

※ 各Windows 32bit環境、Windows XP(32bit, 64bit)への対応はFemap v11.1.0で終了となりました。

CADファイル対応状況

CAD名称・形式 対応状況 サポートバージョン
ACIS .SATファイルへの書き出し
.SATファイルの読み込みとParasolidへの変換
ACIS 24.1, SP1
Parasolid .X_Tファイルへの書き出し
.X_Tファイルの読み込み
Parasolid 26
IGES .igsファイルへの書き出し
.igsファイルの読み込み
IGES 4.0‐5.3
STL(Stereolithography) .stlファイルへの書き出し
.stlファイルの読み込み
 
AutoCAD DXF .DXFファイルの読込み  
VRML .wrlファイルへの書き出し  
STEP .STPファイルへの書き出し AP 203 / AP 214(ジオメトリのみ)
.STPファイルの読込みとParasolidへの変換 AP 203 / AP 214(ジオメトリのみ)
I-DEAS .IDIファイルの読み込みとParasolidへの変換 I-DEAS 9m2
CATIA V4 .MDL/*.EXPファイルの読み込みとParasolidへの変換 CATIA 4.1.9 - 4.2.4
CATIA V5 .*CATP*ファイルの読み込みとParasolidへの変換 CATIA V5 R8‐V5-6R2013 SP2
Pro/Engineer .PRTファイルの読み込みとParasolidへの変換 Pro/Engineer 16‐Creo 2
Solid Edge .PAR/.PSM/.PWD/.ASMファイルの読み込みとParasolidへの変換 Solid Edge with Synchronous Technoloty 6
NX NXとUnigraphicsデータの読み込みとParasolidへの変換 NX 1‐NX 9.0
SolidWorks .SLDPRT/.SLDASMファイルの読み込みとParasolidへの変換 SolidWorks 2000‐2012

解析データ対応状況

解析プログラム 対応状況 サポートバージョン
FEMAP FEMAPニュートラルファイルの書き出し
FEMAPニュートラルファイルの読み込み
-
ABAQUS 解析モデルの書き出し
解析モデル・解析結果の読み込み
ABAQUS 6.12
ANSYS 解析モデルの書き出し
解析モデル・解析結果の読み込み
ANSYS 15.0
I-DEAS ユニバーサルファイルへ書き出し
解析モデルの読み込み
I-DEAS 9.0
LS-DYNA 解析モデルの書き出し
解析モデル・解析結果の読み込み
LS-DYNA 971、Rev5
Marc 解析モデルの書き出し
解析モデル・解析結果の読み込み
Marc 2005
NX Nastran 解析モデルの書き出し
解析モデル・解析結果の読み込み
NX Nastran 9.0
MSC Nastran 解析モデルの書き出し
解析モデル・解析結果の読み込み
MSC Nastran 2012
Patran Patranニュートラルファイルの書き出し
Patranニュートラルファイル・解析結果の読み込み
2.5+
Nei Nastran 解析モデルの書き出し
解析モデル・解析結果の読み込み
Nei Nastran 10.1
CAEFEM FEMAPモデルから書き出し
モデルもしくは解析結果の読み込み
解析プログラムベンダーでサポートされているインターフェイス
CDA/Sprint2
CFDesign
SINDA/G
カンマ区切りテーブル(CSV) 解析結果の書き出し
解析結果の読み込み
このページの先頭へ