HOME科学システム本部メールマガジン「CTCサイエンス通信」web版

科学システム本部メールマガジン 「CTCサイエンス通信」web版

  • 科学システム本部のイベント・セミナー、各種技術コラム、エンジニア活動について、毎月でお届けしています。
  • 技術コラムのバックナンバーを解析技術ごとに、いつでもご覧いただくことが可能です。
  • 読者アンケートでは、皆様のご意見、ご要望を投稿いただけます。また、メールマガジンの購読者も募集しています。

最新号
【風況観測、液体タンクへの高速衝突、カーボンニュートラルに適した流動解析】
【CTCサイエンス通信】2022年7月号

今月号は、「風況観測」、「液体タンクへの高速衝突」、「カーボンニュートラルに適した流動解析」のコラムを紹介いたします。ぜひご覧ください。

皆様のご意見、お待ちしております。以下のリンクからぜひアンケートにお答えください!

テレワーク応援キャンペーンはコチラ!

読者アンケートはコチラ!

2022年7月28日 編集委員

目次

  1. 近日開催のイベント・セミナー情報
  2. 技術コラム
    【風況観測、液体タンクへの高速衝突、カーボンニュートラルに適した流動解析】

トピック

近日開催のイベント・セミナー情報

析出成長予測モジュール:TC-PRISMAの活用事例紹介ウェビナー

日程
2022年8月31日(水)15:00~15:30
費用
無料(事前WEB登録制)
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
概要
熱力学計算ソフトThermo-Calcの主な計算対象が平衡状態であるのに対し、析出成長予測モジュールTC-PRISMAは析出物の核生成から成長、粗大化を計算対象とします。ユーザで設定する温度-時刻歴に対して、析出物の相分率やサイズ、密度など組織情報のほか、降伏強度の時間変化もアウトプットとして得られます。本ウェビナーではアルミやニッケル合金などに対する熱処理(時効処理)を例に、組織設計・熱処理設計への活用方法を紹介します。
お問合せ先
thermo-calc@ctc-g.co.jp
申込
https://ctc-g.zoom.us/webinar/register/WN_QGnxcALhSiKvACwAfoF97g

拡散律速型変態計算モジュール:DICTRAの活用事例紹介ウェビナー

日程
2022年10月26日(水)15:00~15:30
費用
無料(事前WEB登録制)
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
概要
拡散律速型変態計算モジュールのDICTRAは、合金中の溶質拡散および拡散に伴う変態を計算対象とします。対象とする合金系や現象に合わせて、温度や時間条件のほか、計算領域(境界条件やグリッドなど)の設定が可能です。鉄鋼材料の浸炭や窒化のほか、凝固過程で生成する偏析に対する均質化処理や、異種材の溶接部における拡散、拡散対における拡散と化合物の生成などが計算可能で、元素の拡散分布や相分布などをアウトプットとして得ることができます。ウェビナーでは、種々の熱処理プロセスへの活用方法を紹介します。
お問合せ先
thermo-calc@ctc-g.co.jp
申込
https://ctc-g.zoom.us/webinar/register/WN_sGSmwqrmR-eCJpKpyv_TaA

技術コラム
【風況観測、液体タンクへの高速衝突、カーボンニュートラルに適した流動解析】

【再生可能エネルギー】

「風力発電事業開発のための風況観測サービスの紹介」
-ドップラーライダー(WindCube)を用いた風況観測-

科学システム本部 エネルギービジネス推進部 岩堀 繁人

最近、CMなどで見る機会の増えた風力発電所ですが、立地しているエリアの風を原資に発電し、売電することで売り上げを計上しています。この事業計画上の売上見込、つまり、どういった強さの風が吹くのか(=発電量評価)、というのは、風況観測塔を用いた風況調査を実施することで見積もられます。・・・

工事計画における技術基準適合性の審査プロセス

工事計画における技術基準適合性の審査プロセス

続きはこちら↓
https://www.engineering-eye.com/rpt/column/2022/0728_renewable-energy.html

【衝撃・安全】

「液体を充填した容器に対する高速衝突現象「Hydrodynamic Ram(HRAM)」」

科学エンジニアリング第1部 技術第2課 阿部 淳

内部に燃料や水などの流体を充填した容器に物体が高速衝突する現象である「Hydrodynamic Ram(HRAM)」を数値シミュレーションで説明した。水の場合はその非圧縮性により容器の大変形・破壊が生じる危険性がある。・・・

水を充填した容器に対する超高速衝突解析【動画】

水を充填した容器に対する超高速衝突解析【動画】

続きはこちら↓
https://www.engineering-eye.com/rpt/column/2022/0728_impact-safety.html

【イベントセミナー開催報告】

「流れの要素技術から流動システム全体まで
カーボンニュートラルに適した流動解析セミナー
~水素社会実現に向けた現場レベルでの設計効率化を!~」開催報告

科学ビジネス企画推進部 森田 敬大
科学ビジネス企画推進部 北岡 佳貴

2022年6月16日(木)に「流れの要素技術から流動システム全体まで カーボンニュートラルに適した流動解析セミナー ~水素社会実現に向けた現場レベルでの設計効率化を!~」と題し、ウェビナーを開催致しました。当日は多くの方にご参加いただきましたこと、御礼申し上げます。・・・

IMAGES

液化水素製造ライン貯蔵検討結果例

続きはこちら↓
https://www.engineering-eye.com/rpt/column/2022/0728_seminar.html

本メールマガジンに関するご質問・お問い合わせ先

CTCサイエンス通信2022年7月号

2022年7月28日発行
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズ事業グループ 科学システム本部 科学ビジネス企画推進部
住所:〒105-6950 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー
E-mail:science_info@ctc-g.co.jp
https://www.engineering-eye.com/