HOME > プロダクト一覧 > STAAD.Pro > 詳細

詳細STAAD.Pro:骨組構造解析・設計支援システム

AutoPIPEとSTAAD.Proの連携

AutoPIPE&STAAD.Pro連携の概要

AutoPIPEは静的及び動的荷重に対した配管応力解析システムです。AutoPIPEはバージョンV8iより、H鋼断面等の様々な形状の世界各国の豊富なSTAAD.Proの鋼材断面データベースを共有しています。これにより、STAAD.ProとAutoPIPE間でのデータ交換が容易になりました。

AutoPIPE&STAAD.Pro連携

上記のようにSTAAD.ProからAutoPIPEへは架構モデル形状を読込むことにより、AutoPIPEにて配管&架構モデルの連成解析を容易に行うことが可能です。また、AutoPIPEからSTAAD.ProへはAutoPIPE解析結果の反力値をSTAAD.Proの荷重データとして読込むことが可能です。

STAAD.ProからAutoPIPEへ架構モデルデータの自動受渡し

STAAD.Proで作成した架構モデルをAutoPIPEで読込み可能なファイル形式で出力が可能です。このファイルをAutoPIPEで読込むことにより、STAAD.Proで作成した架構モデル(AutoPIPEよりも格段に容易に作成)を、AutoPIPEで作成した配管モデルに結合して、AutoPIPE上で配管・架構連成解析を行うことが可能です。

AutoPIPE&STAAD.Pro連携STAAD.Pro(架構モデル) AutoPIPE&STAAD.Pro連携 AutoPIPE&STAAD.Pro連携AutoPIPE(配管+架構モデル)

連成解析により、より現状に近い条件下での解析が可能です。

AutoPIPEからSTAAD.Proへローディングデータの自動受渡し

AutoPIPEで行った配管解析の結果反力をSTAAD.Proの荷重データとして読み込むことが可能です。STAAD.ProではAutoPIPEの結果を読込むモードがあり、専用ウィザードを利用することにより、配管のサポート位置を自動で検索することが可能です。

AutoPIPE&STAAD.Pro連携AutoPIPE(配管モデル) AutoPIPE&STAAD.Pro連携 AutoPIPE&STAAD.Pro連携STAAD.Pro (架構モデルへ荷重読み込み))

この機能により、ローディングデータ受渡しに関する作業効率&精度の向上が可能です。