HOME科学システム本部メールマガジン「CTCサイエンス通信」web版

科学システム本部メールマガジン 「CTCサイエンス通信」web版

  • 科学システム本部のイベント・セミナー、各種技術コラム、エンジニア活動について、隔月でお届けしています。
  • 技術コラムのバックナンバーを解析技術ごとに、いつでもご覧いただくことが可能です。
  • 読者アンケートでは、皆様のご意見、ご要望を投稿いただけます。また、メールマガジンの購読者も募集しています。

最新号
【チェーンシステム、ゼロフロー時の伝熱解析、接着技術、ニューラルネットワーク】
【CTCサイエンス通信】2019年6月 創刊号

科学システム本部が提供しているメルマガ「新・解析クラブ」は、本号から「CTCサイエンス通信」として配信いたします。

新・解析クラブ創刊から10年、前身の解析倶楽部からだと実に15年の長きにわたり、CTC科学分野の情報を発信してきました。この間、会社統合をはじめとする環境の変化に加え、メールマガジン形式からwebコラム形式への変更もありました。また執筆内容もCAEを中心とした解析から、AI、IoTを含むさらに広い分野に拡大してきています。

執筆者・編集者も「新・解析クラブ」という名称に縛られず、サイエンス全体を含む分野にコンテンツを拡大したいという意見も多く、この度「CTCサイエンス通信」と名称変更させていただきました。

「CTCサイエンス通信」は、これまでよりもさらに広いサイエンス分野のコンテンツ充実を目指します。引き続き、皆様のご支援、ご愛読よろしくお願いいたします。

2019年6月21日 編集委員

目次

  1. 近日開催のイベント・セミナー情報
  2. 技術コラム
    【チェーンシステム、ゼロフロー時の伝熱解析、接着技術、ニューラルネットワーク】
  3. CTCエンジニアの活動と予定

近日開催のイベント・セミナー情報

プラント分野における地盤・構造連成耐震解析セミナー

会場
TKP田町カンファレンスセンター ホール 2B
東京都港区芝5-29-14 田町日工ビル
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tamachi/access/
日程
2019年7月10日(水)13:30~17:30(受付開始:13:00)
費用
無料(事前登録制)
定員
100名
概要
このたび、プラント関連分野における耐震問題への関心の高まりを受け、本分野における耐震解析事例や、弊社で展開させて頂いているサービス紹介を通じて、最新情報の提供・共有、技術者間の交流を目的に本セミナーを開催させて頂きます。
主催
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
申込
http://www.engineering-eye.com/seminar/2019/0710soilplus.html

人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋

会場
ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
日程
2019年7月17日(水)~ 7月19日(金)
概要
CAEの普及が進み、より高度な解析が求められてきています。
弊社では、複合材料に対しミクロスケールでのモデル化を実現し、高精度な解析を実現したCAEシステム、自動運転向け超音波センサCAE、難しい現象である切削加工を再現するCAE、システムのNVH解析を可能としたCAEなど紹介致します。合わせて、試験・測定+CAE、樹脂流動+構造CAEソリューションの新たなご提案を紹介させて頂きます。
ご来場の際には弊社ブースに、是非お立ち寄り下さい。
出展社
セミナー
7月18日(木)11:05~11:35 第2会場
「計測・IIoT+CAEの融合、ならびに自動運転・軽量化CAEのご紹介」
詳細
http://expo-nagoya.jsae.or.jp/

メンテナンス・レジデンス TOKYO 2019「非破壊評価総合展」

会場
東京ビックサイト 西1~4、南1,2ホール(有明・東京国際展示場)
ブース番号『非破壊評価総合展』西2ホール 小間番号 西W2K-33
日程
2019年7月24日(水)~ 7月26日(金)
概要
超音波伝搬の様子や複雑な超音波現象を高精度に可視化し、非破壊検査の検査効率向上に有効な「ComWAVE(超音波解析ソフトウェア)」についてご紹介いたします。また自動車関係で利用されている超音波解析例や、今話題のCFRP(複合材料)の超音波解析例についてもご紹介致します。
出展社セミナーでは、非破壊検査事例を通して、AIとComWAVEの活用方法について紹介いたします。
ご来場の際には弊社ブースにぜひお立ち寄り下さい。
出展社
セミナー
「AIと超音波シミュレータComWAVEを用いた非破壊検査への適用」
7/25(木)13:15~13:45、出展社セミナーC会場(西1ホール)
詳細
非破壊評価総合展
http://www.engineering-eye.com/seminar/2019/0724_jma.html
https://www.jma.or.jp/mente/outline/hihakai.html
関連製品
超音波解析ソフトウェア ComWAVE
http://www.engineering-eye.com/ComWAVE/

技術コラム
【チェーンシステム、ゼロフロー時の伝熱解析、接着技術、ニューラルネットワーク】

【機構・切削】

「チェーンシステムと機構・構造解析」

アプリケーションサービス部 CAEサービス1課 坂井 哲也

多くの機械は一つあるいは複数の動力源を持ち、その動力を目的に則して適切な大きさ、方向にコントロールして、それぞれの機械の働きがなされます。この動力のコントロールにはギヤや軸継手、カム、リンク、チェーン、ベルトなどの動力伝達要素が介在します。・・・

続きはこちら↓
http://www.engineering-eye.com/rpt/column/2019/0621_mechanism-cutting.html

【熱流体】

「ゼロフロー時の伝熱解析について」

アプリケーションサービス部 CAEサービス第2課 北岡 佳貴

私たちの身の回りには、熱を制御(管理)する機器が多く存在します。身近なもので言えば、扇風機やエアコンを始めとする家電製品がすぐ思いつくかと思います。産業分野で掘り下げて見ると、自動車分野ではエンジンの冷却回路、プラント分野ではLNG(液化天然ガス)輸送配管の冷却や発電所の冷却システム、そして造船分野では推進システムの冷却など、熱管理システムを挙げると枚挙に暇がありません。・・・

続きはこちら↓
http://www.engineering-eye.com/rpt/column/2019/0621_thermal-fluid.html

【製造・構造】

「自動車の軽量化のカギを握る接着技術」

アプリケーションサービス部 CAEサービス第1課 小田切 亮

自動車のCO2排出量削減に向けては、主に以下のような観点から対策が進められています。

  • CO2排出量の少ないハイブリッド車、燃料電池自動車の開発
  • 燃費向上
  • AI、IOTを活用した交通システム等の適用による交通の円滑化

この中で燃費性能向上のために最も効果的なのは車体の軽量化です。・・・

続きはこちら↓
http://www.engineering-eye.com/rpt/column/2019/0621_structural.html

【マテリアルデザイン】

「シミュレーション高速化のためのニューラルネットワーク活用例」

アプリケーションサービス部 材料技術課 若目田 寛

ニューラルネットワークは任意の関数を近似できることが一般的に知られていますが、さらに応用上重要なことに小規模なニューラルネットワークであれば入力から出力の計算が非常に速いというメリットがあります。本コラムでは機械学習を用いて数値シミュレーションを高速化した事例として熱力学データベース連携のマルチフェーズフィールド法にニューラルネットワークを適用したものを紹介します。・・・

続きはこちら↓
http://www.engineering-eye.com/rpt/column/2019/0621_material.html

CTCエンジニアの活動と予定

雑誌・学会・シンポジウム講演

学会名
The 4th International Symposium on Phase-Field Modelling in Materials Science (PF19)
日程
2019年7月22日(月)~25日(木)
7/24(水)Section XVIII 10:10-10:40(Highlint 30Min)
会場
Ruhr大学(ドイツ・ボーフム)
題名
Multi-phase field model with finite interface dissipation coupling with thermodynamics data estiamted by machine learning
講演者
〇野本 祐春(CTC, 名大)、若目田 寛(CTC)、山中 晃徳(農工大)、小山 敏幸(名大)
概要
Steinbahらによって提唱された非平衡マルチフェーズフィールド法において、CALPHADデータベースによる熱力学計算をニューラルネットワークを用いた機械学習予測に置き換えた研究について発表する。本研究では、温度と濃度毎のギブス自由エネルギーと化学ポテンシャルの値をThermo-Calcを用いて計算し、訓練データとした。五元系ステンレス鋼を対象としてマルチフェースフィールド法による凝固計算を行なった。機械学習を使って計算したミクロ組織はCALPHADデータベースと直接連成した場合と比べてよく一致した。

本メールマガジンに関するご質問・お問い合わせ先

CTCサイエンス通信2019年6月号

2019年6月21日発行
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズ事業グループ 科学システム本部 科学・工学技術部
住所:〒141-8522 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー
TEL:03-6420-2810
E-mail:kaiseki_club@ctc-g.co.jp
http://www.engineering-eye.com/