HOME > プロダクト一覧 > Exabyte.io > 動作環境

動作環境

Exabyte.io

接続方法

Exabyte.ioは、大きく3つの方法で使用することができます。基本的にはWEBブラウザからできますが、よりアドバンス的な使い方も可能です。

  1. WEBブラウザでモデリング、クラウド計算制御、データ管理
  2. SSH/SCPで接続
  3. Exabyte-APIを使いJupyter Notebook等と連携

操作サポートサイト

ソルバーおよびソフトウェア

Exabyte.ioのクラウド計算機には、様々なソルバーおよびソフトウェアを完備しております。またユーザご自身でソフトをコンパイルし追加することも可能です。

利用できるソルバー一覧

ソルバー名 バージョン
VASP 5.3.5、5.4.4
Quantum ESPRESSO 5.2.1、5.4.0、6.0、6.3
LAMMPS 11-2016
GROMACS 5.1.4、2018.2
NWChem 6.6
CP2K 4.1
TURBOMOLE 7.0
WIEN2k 17.1

利用できるアプリケーション一覧

ソルバー名 バージョン
VMD 1.9.3
XCRYSDEN 1.5.60
VESTA 3.3.8
P4VASP 0.3.30

※ VASP、TURBOMOLE、WIEN2kに関しては、事前にライセンスをご用意頂く必要があります。