HOME > プロダクト一覧 > WITNESS > 動作環境

動作環境WITNESS:生産・物流・プロセスシミュレーションソフトウェア

WITNESSは以下のハードウェアおよびオペレーティングシステムをサポートします。動作にはセキュリティデバイスまたはRepriseライセンスが必要です。

オペレーティングシステム

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1、Windows Vista SP2、Windows Server 2003 SP2、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 (32bit版および64bit版)、Windows Server 2016

※Windows 8.1およびWindows Server 2012をご利用の方は2014年4月の更新
(KB2919355参照)および累積的なアップデート(KB2919442)を適用する必要があります。

ハードウェア

CPU Intel®またはAMD®のプロセッサ。処理速度は2GHz以上を推奨。
HDD 最低1GB以上の空き領域。3D表示機能を利用する場合は13GB以上の空き領域が必要です。
メモリ オペレーティングシステムの推奨メモリ + 256MB以上
(最低2GB。4GB以上を推奨)
マウス Microsoft Windowsにてサポートされるマウス
USBポート ローカルコンピュータ用セキュリティデバイス(ドングル)を接続するために1ポート必要(Reprise版では不要です)。
セキュリティデバイスは、伊藤忠テクノソリューションズから提供されます。
モニター XGA(1024×768)、256色以上のディスプレイ
CD-ROMドライブ インストールCDからWITNESSをインストールするために必要。
グラフィックカード NVIDIAを推奨。WITNESSの3D表示の最高の性能を引き出すには、高度なグラフィックカードが必要です。
アダプタはRAMが2GB以上のNVIDIA GeForce©や、NVIDIA® Quadro®シリーズのハイエンドモデル以上を推奨。
サウンドカード WITNESSのモデルに音声ファイルやビデオ等のマルチメディアコンテンツをオプションとして貼り付けた場合、再生にはサウンドカードが必要です。