HOME > プロダクト一覧 > TC-PRISMA

TC-PRISMA (析出モジュール)析出成長予測モジュール

析出成長予測ソフトウェアTC-PRISMA 操作画面

TC-PRISMAは、多相、多成分系の任意の熱履歴における核生成、成長/消失、粗大化を同時進行で計算するThermo-Calcのアドオンモジュールです。
計算には、Langer-SchwartzおよびKampmann-Wagnerの理論を用います。
TC-PRISMAは、Thermo-CalcおよびDICTRAの機能を拡張して利用しており、下記の計算が可能です。

  • 析出物の核生成、成長/消失、粗大化
  • 粒径分布の時間変化
  • 平均粒径と数密度
  • 析出物の体積分率および成分
  • 核生成速度、粗大化速度
  • TTP図(Time-Temperature-Precipitation)
  • 多成分系における界面エネルギーの推測

<計算例>

データベースは、Thermo-CalcとDICTRAで利用する、熱力学データと、動力学データを利用します。Thermo-Calc のグラフィカルモードに統合され、条件設定を簡単に行うことが可能です。

析出成長予測ソフトウェアTC-PRISMAによる析出炭化物の体積分立の時間変化
析出成長予測ソフトウェアTC-PRISMA資料ダウンロード
材料設計シミュレーション体験セミナー
各熱力学データベースの資料・詳細はこちら 各動力学データベースの資料・詳細はこちら

新着情報更新履歴

開発元

Thermo-Calcは、Thermo-Calc Sotware AB社 の製品です。
本ホームページに記載の商品名、ロゴ等は各社の商標または、登録商標です。
Thermo-Calc Software