HOME > プロダクト一覧 > LS-DYNA > 動作環境

動作環境LS-DYNA:非線形・動的・流体構造連成シミュレーションツール

LS-DYNA R12.0.0動作環境

下記一覧以外のシステムにつきましては、正式対応しておりませんのでご了承下さい。

OS Windows, Linux
CPUの種類、OSにより対応状況が異なります。詳細は下記参照下さい
メモリ 512 Mbyte以上(推奨)
ハードディスク 10 Gbyte以上(推奨)
デバイス DVD-ROM
ネットワークカード 必須
MPP版では1000BASE-T以上の速度を推奨
グラフィックカード Open GL対応のグラフィックカード

SMP版

Platform OS FORTRAN
Windows X64(※1) Windows 10 ifort 16.0
Linux64(※2) SuSE 11.0 pgi16.5-0
Red Hat 5.6 ifort 16.0

※1 ここに記載されているバージョン以降のものであればOK Windows Serverでも可
※2 ここに記載されているバージョン以降のものであればOK

MPP版

Platform 機種/CPU OS MPI FORTRAN C
Windows
X64
EM64T, amd64
(Xeon EM64T,
Opteron)
Windows 10
x64 Edition
MSMPI
Intel MPI
Platform MPI
ifort 17.0 -
Linux64
(※)
amd64
(Opteron)
SUSE Linux
Enterprise
Desktop11.0
Platform MPI8.1.1 pgi90 16.5-0 gcc version
4.3.4
(SuSE Linux)
xeon64
(Xeon EM64T)
Red Hat
Enterprise
Linux
Server5.4
OpenMPI2.1.3
MPICH3.1.3
Platform MPI8.1.1
Intel MPI4.1.3
Ifort
16.0.3.210
gcc
version 4.3.4
(SuSE Linux)

※ CコンパイラはMPIのインストール時に、FORTRANコンパイラはモジュールのリンク時に必要になることがあります。

※ 弊社では、Platformのみの対応となります。MPICH2用モジュールの提供は終了しました。

このページの先頭へ