HOME > プロダクト一覧 > LS-DYNA > 動作環境

動作環境LS-DYNA:非線形・動的・流体構造連成シミュレーションツール

LS-DYNA R11.1.0動作環境

下記一覧以外のシステムにつきましては、正式対応しておりませんのでご了承下さい。

OS Windows,Linux
CPUの種類、OSにより対応状況が異なります。詳細は下記参照下さい
メモリ 512 Mbyte以上(推奨)
ハードディスク 10 Gbyte以上(推奨)
デバイス DVD-ROM
ネットワークカード 必須
MPP版では1000BASE-T以上の速度を推奨
グラフィックカード Open GL対応のグラフィックカード

SMP版

Platform OS FORTRAN
Windows X64 Windows 7 ifort 16.0
Linux64(※) SuSE 11.0 pgi16.5-0
Red Hat 5.6 ifort 16.0

※記載バージョン以降のOSであればOK
※EM, CESE, ICFDソルバーは、ia64以外のLinux64および、Windows64版のみの対応となります。
※32bit版モジュールにつきましては正式サポートされなくなりました。

MPP版

Platform 機種/CPU OS MPI FORTRAN C
Windows
X64
- Windows MPICH2
MSMPI
Intel MPI
Platform MPI
ifort 16.0 -
Linux AMD64 SUSE Linux
Enterprise
Desktop 11
PlatformMPI
8.1.1
pgf90
10.5-0
gcc version
4.3.4(SuSE
Linux)
IA64 Unsupported
Xeon64 Red Hat
Enterprise
Linux
Server5.4
OpenMPI2.1.3
MPICH3.1.3
Platform
MPI8.1.1
Intel MPI4.1.3
Ifort
13.1.3.192
gcc version
4.3.4(SuSE
Linux)
CentOS
release6.5
(Final)
OpenMPI 2.1.3
MPICH 3.1.3
PlatformMPI
8.1.1
Intel MPI 2018
Ifort
16.0.3.210
gcc version
4.4.7(Red
Hat 4.4.7-4)
SGI Altix IA64 Unsupported
Altix Xeon64 SUSE Linux
Enterprise
Server 11
SGI MPT 2.15 Ifort
13.1.3.192
Intel(R) C
Version 8.1
MAC Xeon64 MAC
OSX 10.6
OpenMPI 2.1.3 Ifort
12.1.0.038
gcc version
4.2.1(Apple
Inc.build
5666)

※記載バージョン以降のOSであればOK
※CコンパイラはMPIのインストール時に、FORTRANコンパイラはモジュールのリンク時に必要になることがあります
※32bit版モジュールにつきましては正式サポートされなくなりました。

このページの先頭へ