HOME > プロダクト一覧 > AutoPIPE > 動作環境

動作環境AutoPIPE:配管応力解析システム

OS Windows 7 Pro以上、Windows 8.1 Pro以上、Windows 10 Pro以上(CONNECT)
必須 インターネット接続、OpenGL対応グラフィック

モジュール概要

区分 概要
AutoPIPE Advanced 部品および材料ライブラリ
  • JIS、ANSI/ASME等の一般的に使用される配管部品を標準装備
  • B31.1、B31.3をはじめ、JIS材の許容応力値等を幅広くサポート
解析機能
  • 静的線形解析、静的非線形解析
  • ハンガー設計
  • 固有値解析、応答スペクトル解析、多入力応答スペクトル解析、調和振動解析、時刻歴応答解析、荷重スペクトル解析
  • 地震相対変位解析(SAM)
評価コード
  • ASME B31.1、B31.3、B31.4、B31.8
  • 高圧ガス設備等耐震設計基準・指針(レベル1)
  • 消防法、石油パイプライン事業法
  • Canadian CAN/CSA-Z662
  • British Standards BS806、BS7159(GRP Piping Code)
  • Swedish Piping Code(SPC)、Method 2
  • Norwegian Det Norske Veritas(DNV)、TBK5-6
  • French RCC-M、SNCT
  • NEMA SM23(タービン)、API610(ポンプ)、API617(コンプレッサ)
StressISO図出力
  • OpenPlant Isometric Managerを利用して DGN, DXF, DWG への応力アイソ図を出力
  • 節点番号、配管ID名、サポートダグ、レーティング等をアイソ図にプロット
  • 運転荷重データや計算結果のテーブルの出力
  • 指定領域の出力
AutoPIPE Nozzle 容器接合部の局部応力の評価
  • WRC 107(ASME Sec. VIII, Div. 1 & 2)
  • WRC 297(ASME Sec. VIII, Div. 1 & 2)
  • PD5500(BS5500)
  • API 650(平底円筒貯槽)
  • 高圧ガス設備等耐震設計指針(KHK)
AutoPIPE Nuclear AutoPIPE Advancedのすべての機能に加えて、以下に対応
  • 熱過渡解析(Class 1)
  • 疲労評価(Class 1)
  • ASME Sec. III, Class 1, 2 & 3(NB,NC,ND)
  • JSME S NC1クラス2配管(PPC)
オプション:
変更高圧ガス設備等耐震設計基準・指針
レベル2対応コード(KHK-2 アドオン)
等価線形解析法によるレベル2耐震性能評価
  • 領域ごとの設計修正地震力の設定
  • 運転荷重と慣性力の評価
  • 腐れ代を除いた剛性による解析
  • 慣性力と相対変位の評価
  • 運転時の縦弾性係数を用いた解析
  • 地盤変状の評価
  • すべての荷重方向の組合せを考慮可能
  • 直管、ティー部の応力評価
  • 曲がり管の変形角評価
このページの先頭へ