HOMEプロダクト一覧GRIDVIEW

GRIDVIEW任意形格子桁の最大断面力計算プログラム

GRIDVIEWは道路橋等の面外荷重を受ける任意形平面格子桁の最大断面力を算出するプログラムです。
モデル作成は、道路線形プログラムROADVIEWのデータとの連動により、構造データが簡単に作成できます。またGRIDVIEWで計算された断面力はPC単純桁橋設計プログラムPC-BEAMとも連動しPC橋設計の効率化が図れます。

機能と特長

  • 入力条件が画面にすぐ描画されますので、チェックしながらデータ作成が出来ます。
  • 線形計算プログラムROADVIEWとのデータ連動により、モデル作成が容易に行えます。
  • マウス選択で節点・部材の解析条件や計算結果が画面上に表示されます。
  • 「鋼道路橋の疲労設計指針」(平成14年3月 日本道路協会)に準処した計算が可能です。(オプション機能)
  • 座標値・剛度・計算結果はセル形式で表記されるため、表計算ソフトとのデータ入出力も簡単に行えます。
  • 下部工設計用反力をP1、P2、群集で分離します。また、橋脚毎のTOTAL値を出力します。
  • 材料の種別を主桁、横桁だけでなく最大10種類まで設定可能です。
  • 固定荷重を載荷可能です。(部材の途中の荷重載荷が可能です。)
  • 温度荷重を載荷可能です。(プレストレスの荷重としても使用可能です。)
  • 荷重組合せ及び断面力の最大値抽出(ピックアップ)が可能です。
  • 部材の結合条件にヒンジを考慮可能です。また、バネ部材を考慮可能です。
  • PC単純桁設計プログラムPC-BEAMへの連動により、設計計算の効率化が図れます。
  • データ入力・編集、結果表示などの作業項目をツリービューから選択できます。

動作環境

OS Windows 95/98/NT4.0/2000/XP
CPU PentiumⅡ以上推奨
メモリ 64MB以上を推奨
HDD インストール時約30MB
計算時ワークエリア最大約2GB
解像度 640×480ドット以上が表示可能なディスプレイ
1024×768ドット推奨


バージョン情報

2008年10月1日よりGRIDVIEWはCPDSへ全面移行いたします。

格子計算プログラムGRIDVIEWは、ROADVIEWのCPDS全面移行に伴い、2008年10月1日からCPDS版に全面移行致しました。2008年11月から保守サポートはCPDS版についてのみ行われます。
引き続きROADVIEWはじめ、BLSUP、GRIDVIEWを快適にご利用頂く為にも是非この機会にCPDSへの移行を強くお勧めいたします。

注意
2008年11月1日を以てHASP版GRIDVIEWは無償サポートが終了致します。

GRIDVIEW最新版Ver.2.1 好評発売中!

「鋼道路橋の疲労設計指針」に準拠した計算オプションを追加。

格子計算プログラム【GRIDVIEW】最新バージョンV.2.1を好評発売中です。このV.2.1では、「鋼道路橋の疲労設計指針」(平成14年3月、日本道路協会)に準拠した疲労荷重による計算をオプション機能として搭載しています。
GRIDVIEWのユーザー様は以下の価格でアップグレードできます。是非、最新版GRIDVIEWをお使いください。

 
 

※ 弊社の【線形計算プログラム ROADVIEW(Ver3.0)】との連動計算は、GRIDVIEW Ver2.01以上となります。

GRIDVIEW Ver.2.1の主なバージョンアップ項目
疲労荷重入力画面例
計算は断面力だけでなく、参考値として変位反力についても行う事が可能
疲労荷重による最大最小値とレインフロー法による各レーン毎の応力範囲を出力
 
GRIDVIEW 過去のバージョンアップ履歴 - V.2.0 → V.2.1
  • 弊社の【線形計算プログラムROADVIEW(Ver3.00)】との連動
  • ばね要素の追加

※GRIDVIEW Ver.2.0 → Ver.2.01へのアップグレードは無償です。

GRIDVIEW 過去のバージョンアップ履歴 - V.1.3 → V.2.0
  • 材料の種別を主桁、横桁の他に材料諸元を最大10種類まで設定可能。
  • 部材の結合条件にヒンジを考慮可能。
  • 下部工設計用反力をP1、P2、群集で分離。また橋脚毎のTOTAL値を出力
  • 固定荷重を載荷可能(部材の途中にも荷重を載荷可能)。
  • 温度荷重を載荷可能(プレストレス力の取り扱いとしても使用可能)。
  • 荷重組合せ、およびピックアップ機能を追加。
  • 死荷重データの入力画面を一新し、より入力しやすい画面レイアウト。
  • データ入力・編集・結果表示などの項目をツリービューから簡単操作が可能。
  • ネットワークキー対応。(ただし、別途費用が発生します)。※

※CTC製品のネットワークキーについての詳しい説明はこちらPDFをご参照ください。