HOMEプロダクト一覧DYNA2E

DYNA2E3次元骨組構造物非線形動的解析システム

2次元/3次元骨組構造物の非線形動的解析プログラム DYNA2Eは、土木・建築分野における骨組み解析を対象としてCTCが独自に開発したシステムです。橋梁、建築、機器構造物および原子力建屋等での豊富な解析実績をもち、それら現場での多様なユーザーニーズに対応するため、豊富な要素ライブラリが用意されており、数多くの荷重条件、減衰、非線形復元力特性の指定が可能です。
解析種別はモード法、直接積分法、複素応答法から最適な手法を選択でき、解析内容は、静的・動的解析、スペクトル解析、軸力変動を考慮した解析もサポートしています。また、高機能のプリポストにより容易にデータ作成、アニメーションを含めたポスト処理ができます。
DYNA2Eは、自社開発ならではの充実した保守対応も含め、業界トップクラスの動的解析ソフトウェアです。

機能と特長

要素ライブラリー
  • 曲げせん断梁要素(M-N相関、二軸曲げ非線形考慮)
  • ばね要素、
  • 一軸棒要素
  • 複素剛性要素
  • マトリックス要素
  • ダンパー要素(非線形考慮)
  • 剛塑性回転ばね付梁要素
  • ソリッドシェル要素(弾性のみ)
荷重
  • 動的荷重
    • 地震加速度,節点荷重、応答スペクトル、パワースペクトル、単一加速度+多点変位、多点加速度、多点荷重他
  • 静的荷重
    • 節点集中荷重、分布荷重、慣性力、強制変位、温度荷重他
減衰
  • モード減衰
  • レーリー減衰
  • 履歴減衰
  • 運動エネルギー比例減衰
  • ひずみエネルギー比例減衰
非線形復元力特性
  • 非線形弾性型 (Tri-Linear,Multi-linear)
  • 原点指向型
  • 最大点指向型
  • 正規 Bi- Linear型、
  • 正規 Tri-Linear型
  • Degrading Tri- Linear型(武田、修正武田、武藤、野村、深田、安定ループ、岡本)
  • 履歴関数型(Ramberg-Osgood, Hardin-Drnevich,Davidenkov)
  • 歪依存型(LRB,HDR,NCL)
  • 地盤ばね関数型
  • スリップ型
  • 非対称逆行型
  • ジョイント型
  • Tetra-Linear型 (負勾配モデル:静的解析のみ)
  • Tetra-Linear原点指向型
  • すべり支承型
  • スリップバイリニア型<変動軸力考慮が可能な復元力特性>
  • ノーマルバイリニア型
  • ノーマルトリリニア型
  • 劣化トリリニア(修正武田、安定ループ)型
  • 劣化テトラリニア(修正武田)型
解析
  • 最高12ケースまでの解析の連続実行機能
  • 解析結果の3データを用いた3波平均機能
  • 解析結果編集機能(リッチテキスト、CSV出力)
  • レーリー減衰パラメータ決定支援ツール

DYNA2Eモジュール構成図

DYNA2E Version 8.0 新機能紹介

Web認証システム
DYNA2E:インフォメーション

『Web認証システム』とは、お客様のDYNA2E ライセンスを、Webライセンス管理サーバー上からインターネットを通してご提供するシステムです。

DYNA2E:インフォメーション
Web認証システムの特長

1.ライセンス管理の柔軟性が大幅に向上

  • 最新OS、64ビットOSに対応
  • Web利用のフローティングライセンス。全社共有も可能
  • インターネット接続環境下のあらゆる場所でプログラムを利用可能
    (インターネット接続不可の場合は「オフラインライセンス」で対応)
  • 購入、ソルバー・オプション追加、バージョンアップにリアルタイムで対応

2.ソフトウェア管理リスク低減、ライセンスの有効活用が可能

  • プロテクションキー管理不要。紛失、破損等のライセンス失効リスク消滅
  • ライセンス使用者等、使用状況の管理可能
  • 使用PCの制限等、セキュリティー機能
新しい履歴特性
DYNA2E:インフォメーション
  • 軸力変動型非線形特性で、バイリニア、トリリニアの追加
  • 鉄道標準モデル(RC、SRC型)の追加
  • アンカースリップモデルの機能追加
  • スリップモデルの機能追加
  • ギャップの機能追加
  • スリップバイリニアの機能追加
  • BMR(CD)ダンパーの追加
  • 免震・固定支承の機能追加

解析機能の向上
DYNA2E:インフォメーション 誘発上下動を考慮したモデル概念図
  • 履歴減衰と要素別レーリー減衰のカップリングに対応
  • 誘発上下動を考慮
  • 自由地盤に対応
  • 大規模モデルによる複素応答解析、周波数応答解析に対応
出力の多様化
  • 断面諸元毎に最大/最小を出力
  • 変位/速度/加速度/断面力で、全ての値を出力
  • 応力度の追加出力(軸力/曲げより応力度を算出)
  • 減衰力の出力
  • 節点力の出力
  • 軸力と曲率の関係を出力
  • SRモデルで、各荷重項の最大値を出力
  • 接地率の出力を追加
  • 各要素の要素座標系をテキストで出力
  • 各モードに対するスペクトルの出力で、SVとSAを出力
  • 修正若林モデルで、塑性率を出力

開発元

ITOCHU Techno-Solutions Corporation