重要なお知らせ

お知らせ・新着情報

イベント・セミナー情報

科学システム本部のイベント・セミナーの最新情報を掲載しています。

講習会・定期セミナー

科学システム本部の講習会・定期セミナーの最新情報を掲載しています。

講習会・定期セミナー一覧はこちら

ソリューショントピックス

課題をシミュレーションで解決へ導く情報サイト「Trans Simulation」

CTCサイエンス通信

2024年
3月号

高速衝突編、CCSは必要不可欠、
3D/点群モデル・情報共有ビューアー「モデミル」

CTCサイエンス通信 ピックアップ

イメージ

衝撃解析ソフトウェア
Autodynによる代表的な解析事例のご紹介(高速衝突編)

高速衝突・爆発解析を得意としたものが衝撃解析ソフトウェアANSYS Autodynです。今回はこのソフトウェアを使用した代表的な高速衝突現象の解析事例をいくつか紹介します。それぞれの事例のモデル化方法、解析結果動画については最下のリンク先に掲載していますので、ぜひご覧ください。

イメージ

2050年カーボンニュートラル達成にCCS(Carbon dioxide Capture and Storage)は必要不可欠

2050年カーボンニュートラル達成に向けて脱炭素の取り組みが進んでいます。
再生可能エネルギーの活用、省エネなどでCO2排出量削減が推進されていますが、鉄鋼業・石油化学業など、どうしてもCO2を0(ゼロ)にすることが難しい分野があります。
そこで、カーボンニュートラル達成に必要とされる技術がCCSです。言葉の通り、排出されたCO2を集めて地中に埋める技術です。以下の図の通りCCSではCO2が排出源から回収され、貯留されます。

イメージ

Webブラウザで使える
3D/点群モデル・情報共有ビューアー
「モデミル」

建設分野では、国土交通省のi-Constructionを中心としたデジタル化推進施策が浸透し、官民共にIT技術を活用した更なる効率化・省人化を推進しています。その動きの中で生産性の向上、情報共有・合意形成の促進の期待効果があるBIM/CIMは、本年度(令和5年度)より小規模を除く全ての詳細設計・工事に対し原則適用となっており、BIM/CIMツールを用いた3次元データの利活用を実施してゆく必要があります。一方、市場には多数のBIM/CIMツールが存在していますが、業界のデファクトスタンダード化は進んでいません。ツールの導入を検討している方、あるいはすでに利用している方でも図1に示す悩みをお持ちではないでしょうか。

ピックアップコンテンツ

事例・インタビュー

CTC製品、解析や開発アウトソーシングのユーザー様(会社、法人)へのユーザ訪問インタビュー、大変お世話になっています大学研究室を対象とした、大学訪問インタビューをご紹介します。

ピックアップ記事

テクニカルレポート

弊社ならびに社外の著名な先生方から頂戴したテクニカルレポート・コラムをご紹介します。
先生方それぞれの専門分野を平易に解説して頂いております。また関連する学術講演・シンポジウム等の論文も掲載しています。是非、皆様方のスキルの向上にお役立て下さい。

最新レポート