HOME > プロダクト一覧 > Femap > 詳細

詳細Femap:汎用日本語有限要素法プリポスト

FEMAP 11.1、FEMAP 11.1.1リリース情報

[ファイル]‐[マージ]コマンドが追加されました。

図

任意のモデルファイルからアクティブなモデルにエンティティをマージ(コピー)することができます。
ジオメトリデータもマージできるようになりました。(FEMAP11.1.1)

[ファイル]‐[アタッチ-解析結果]コマンドでXDBファイルがアタッチできるようになりました。

NX Nastran とMSC Nastran およびCSV形式のファイルをアタッチすることができます。

[ツール]‐[計測]‐[ジオメトリ間距離]コマンドが追加になりました。

図

このコマンドでは複数のエンティティ間の最長と最短距離を計測することができます。

[ツール]‐[チャート]コマンドのチャートデータ系列ダイアログボックスにベクトルvsベクトルタブが追加になりました。

図

[ジオメトリ]‐[ソリッド]‐[穴を充填]コマンドが追加されました。

図

穴などへこんだ形状の縁のエッジを指定すると、内側の領域を充填するソリッドを生成します。

図

[ジオメトリ]‐[中立面]‐[自動]コマンドがParasolidのフェースペアリング技術を利用するように変更されました。

フェースペアリングオプションは、精度の高い中立面抽出が実現できます。

図

[モデル]‐[荷重]‐[フリーボディから]コマンドが機能アップしました。

図

フリーボディ解析結果を他のモデルの荷重に変換することができるようになりました。
この機能を使用すると、ズーミング解析が容易になります。

[メッシュ]‐[押し出し]‐[エレメント]と[エレメントフェース]コマンドに[ベクトルに沿ってサーフェスまで]が追加されました。

図

[メッシュ]‐[スプリット]‐[...]コマンドが機能アップしました。

元のメッシュがサーフェス上に生成されている場合、スプリット後に生成されたノードをサーフェス上へ投影することが可能になりました。

図

サーフェイス内部ポイントへメッシュを作成する機能が追加されました。

インポートしたジオメトリに含まれる、サーフェス上のポイントにメッシュを吸着させることができます。

図

ジオメトリの回転や位置合わせ時に荷重を追随させることができるようになりました。

図

ジオメトリ荷重が設定されたジオメトリに対し、位置合わせや回転移動したとき、荷重も一緒に姿勢を更新する機能が追加されました。

[リスト]‐[アウトプット]‐[コンター表示をデータテーブルへ]コマンドが追加されました。

図

アクティブなビューに表示されているコンター結果をデータテーブルへ転送します。

システム構成

Femapのライセンス形態は以下のいずれかです。

  • スタンドアローン
    USB接続のセキュリティデバイスを使用します。
  • ネットワーク
    FLEXlmによりライセンスを管理します。

対応CADアクセス(CAD対応バージョン表はこちら

  • ACIS
  • Parasolid
  • IGES
  • STL(Stereolithography)
  • AutoCAD DXF
  • VRML
  • STEP
  • I-DEAS
  • CATIA V4
  • CATIA V5
  • Pro/Engineer
  • Solid Edge
  • NX
  • SolidWorks

対応解析プリファレンス(解析プリファレンスバージョン表はこちら

  • FEMAP
  • ABAQUS
  • ANSYS
  • I-DEAS
  • LS-DYNA
  • Marc
  • NX Nastran
  • MSC Nastran
  • Patran
  • NEiNastran
  • CAEFEM
  • CDA/Sprint2
  • CFDesign
  • SINDA/G
  • カンマ区切りテーブル(CSV)

パッケージ

Femapを購入頂きましたときの納品パッケージは以下のとおりです。

  • セットアップメディア(DVD-ROM)
  • セキュリティキー(USB接続)
  • NST社製 日本語ドキュメント(冊子・PDF)
  • NST社製 サポートパックメディア(DVD-ROM)
    • 環境設定ツール
    • APIツール集(搭載されていない機能や使い勝手を向上する機能をFemap画面に追加)
    • サンプルデータ
    • その他(PDFビューアやドライバなど)

適用分野

Femapは誕生から20年以上になります。
いまや全世界において、自動車・造船・航空機・重工業・建築建設・精密機器・電機等、多岐にわたる産業で、有限要素法構造解析をはじめとするCAE作業のプリポスト処理に利用されています。

Femapは機能拡張・使い勝手の向上が続けられており、バージョンが上がっていく度に出来なかった作業や面倒であった作業が可能になるため、CAE作業の効率化に役立ちます。

本製品をお薦めするお客様

  • プリポスト作業を、Windowsに特化した安定した操作性の良い環境にて行ないたい方
  • 日本語画面プリポスト環境/日本語マニュアルをお求めの方
  • 様々なCADとのインターフェースを必要とされている方
    対応CADインターフェース一覧
  • 様々な解析ソルバーのデータ作成および後処理をされている方
    対応解析ソルバーインターフェース一覧
  • Visual BasicやVBAで作成した外部プログラムからアクセスして、既存のプロポストシステムをカスタマイズしたい方(弊社でカスタマイズすることもできますのでご用命ください)

カスタマイズ例

  • 独自機能を追加
  • 専用解析システムを構築
  • 繰り返し作業を自動化