HOME > プロダクト一覧 > Femap > 詳細

詳細Femap:汎用日本語有限要素法プリポスト

新機能紹介

FEMAP 10.3 リリース情報

メッシング作業の効率化

[メッシュ]‐[ジオメトリの調整]コマンドが追加されました。

ジオメトリの調整とメッシュサイズの設定をワンコマンドで行います。
メッシュ品質を向上する為に、カーブ/サーフェスをスプリットしたり、結合カーブ/サーフェスを生成したり、フィーチャを抑制したりします。

FEMAP 10.3
FEMAP 10.3
FEMAP 10.3
[ジオメトリ]‐[ソリッド]‐[埋め込み]コマンドが強化されました。

複数のソリッドを一度に埋め込めるようになりました。

FEMAP 10.3

ポスト処理の機能拡張

[リスト]‐[アウトプット]‐[結果のランキングをデータテーブルへ出力]コマンドが追加されました。

選択した結果のランキングをデータテーブルへ出力できます。

FEMAP 10.3
FEMAP 10.3
[ビュー]‐[高度なポスト]‐[モデルデータコンター]コマンドのコンターデータの設定でエンティティIDを選択できるようになりました。

材料毎、要素特性毎のコンター表示で材料の割り当て状況のチェックが行えます。

FEMAP 10.3

ユーザーインターフェース

[修正]‐[カラー]‐[ポイント]コマンド等の[カラーパレット]にランダムボタンが追加されました。

要素タイプ毎やグループ毎にランダムに色分けすることができます。

FEMAP 10.3
モデル情報ツリーの表示切り替えチェックボックスのコンテキストメニューに“表示/隠すの反転“コマンドが追加されました。

現在、表示されている特定のタイプのすべてのエンティティを”隠し”、現在、表示されていないエンティティを”表示”します。

FEMAP 10.3