engineering-eye HOMEイベント&セミナーengineering-eye
 

イベント&セミナー

第3回 Flowmasterユーザー会

ご来場ありがとうございました

当日の様子を見る

日頃より御愛顧頂いております1次元熱流動解析ソフトウエアFlowmasterの第3回ユーザー会を、下記の日程で開催する運びとなりました。
お陰さまでFlowmaster は日本国内においても、発電・プラント・造船業界・自動車・航空宇宙産業におけるCAEソリューションとして、幅広くご活用頂いており、この機会に、ユーザー企業様間、さらに、開発元・英国Flowmaster 社及び弊社との情報交換にご活用頂けることを願っております。ご多忙の折とは存じますが、皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

概要

     
開催日程 2009/07/09(木)
10:00 - 17:30 (開場 9:30)
 
会場 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル20F
(CTCセミナールーム)
MAP
 
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 
参加費 保守ユーザー様 無料
 
その他 20,000円
   

内容・項目

     
09:30 開場
 
10:00 - 10:10 ご挨拶
 
10:10 - 11:10
Flowmaster V7開発動向
Flowmaster Limited
  • Flowmaster最新動向
  • Flowmaster開発計画レビュー など
 
11:10 - 12:10
Flowmaster 技術動向 <インダストリーソリューションについて>
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
インダストリーソリューションとは、産業分野に特化したコンポーネント、入力データ、物理モデル、そして解析ソルバーが標準機能であるFlowmaster V7に追加されたバージョンです。現在、自動車産業用のAutomotive、航空・宇宙産業用のAerospace、ガスタービン設計用のGas Turbineがリリースされており、本セッションではこれら3つのバージョンに関しご紹介させて頂きます。

  • 自動車産業用 Automotive
    • 形状寸法データからモデル化可能なAC用熱交換器(2重管熱交換器と直交流熱交換器)や、キャビン内の熱的環境を表現するキャビンコンポーネント(日射や乗員の発熱等)などをご紹介致します。
  • 航空・宇宙産業用 Aerospace
    • 様々なフライトパターンや航空機の姿勢(ロールやヨー、ピッチ)を考慮した燃料システム、Aerospace専用コンポーネントを使用した環境制御システム(ECS)、そして油圧システムなどをご紹介致します。
  • Gas Turbine
    • 回転流路や回転オリフィス、スワール(旋回流)、キャビティ(ロータとステータ間の空間)やラビリンズシールなどGas Turbine専用コンポーネントを使用したキャビティ流れ(2次空気流れ)のモデルをご紹介致します。
 
12:10 - 13:10 休憩
 
13:10 - 15:40 ユーザーセッション 各20〜30min
 
(1)3D-CFDとマルチボディダイナミクスを用いたエンジン潤滑油圧油量配分予測技術の確立
株式会社 本田技術研究所 四輪開発センター 高岸 広 様
概要:
最適な油回路を開発するために、精度の高い潤滑油圧油量予測技術の確立が必要であった。そこで、今回新たにマルチボディダイナミクスを用いて算出した荷重変動を油膜モデルへ適用し流量予測を行った。また、複雑な油路は3DimensionalComputer Fluid Dynamics(以下3D-CFDと呼ぶ。) を用いて、油路の圧力損失を求めた。さらに、3D-CFDでの予測が困難な油圧切り替えバルブ等は単体での圧力損失を測定し、これらを1次元流動解析と連携させ、潤滑油圧油量配分を予測する手法を開発した。このシミュレーションは最終的に完成エンジンを用いた検証試験を行い、各部の油圧および油量が高い精度で再現されていることを確認した。
 
(2)FLOWMASTERを活用した検討事例
日揮株式会社 エンジニアリング本部 藤井 孝義 様
概要:
エンジニアリング会社である弊社におけるFLOWMASTER導入の経緯と、どのような設備を対象としてどのような検討を行っているかを紹介する。その後、実際のプロジェクトでFlowmasterを活用して行った検討事例を代表的な事例として簡単に紹介し、最後にまとめとして要望等を述べる。
 
(3)プラント/流量配分/圧力損失をテーマにご発表予定
出光エンジニアリング株式会社 技術部 土谷 武輝 様
概要:
概要検討中
弊社ではFlowmasterを油撃(水撃)解析、配管網の圧力損失計算、 ローリー出荷設備の能力検討等で活用している。 本発表では、油撃解析に注目しソフト活用事例を紹介する。 油撃と一口にいっても、弁の急閉鎖やポンプ起動など幾つかのケースがあるが、通常、設計で考慮するのはポンプの吐出配管系である。 これらの検討は定型化されており、Flowmasterを活用するまでもない単純な問題であることも多い。一方で、 出荷タンクとポンプの繋ぎ換え等による既設配管の改造に伴って配管系が複雑化した結果、ポンプ吸込み配管系において予期せぬ油撃が発生する場合がある。本発表では、既設改造に伴って発生したのポンプ吸込み配管での油撃に対してFlowmasterを活用して原因究明と対策検討を行った事例を2件紹介する。
 
(4)Flowmasterを利用した船舶の冷却海水システムのシミュレーションについて
広島大学大学院工学研究科 社会環境システム専攻 新宅 英司 様
概要:
一般的な大型船舶を推進するディーゼル主機関の発生する熱の2次冷却には海水が使用されており,電動ポンプにより船外から冷却海水を取水している。しかしながら,従来の冷却海水システムにおいては、主機出力や冷却海水温度にかかわらずシステムの電動ポンプは一定回転で常時運転されており、省電力化の余地がある。そこで本研究では、冷却海水システムで使用される電動ポンプをインバータ制御することを想定し、主機出力や海水温度に応じて電動ポンプ回転数を制御することによる省電力効果を、Flowmasterを用いたシミュレーションモデルにより明らかにした。研究の結果、主機出力、海水温度に応じてポンプ回転数を低減することにより、従来システムと比較して最大80%の省電力効果があることを示した。
 
(5)1D-3D-MpCCI-Flowmaster
Fraunhofer-Institute for Algorithms and Scientific Computing (FhI-SCAI)
概要:
連成解析用インターフェースであるMpCCI(Mesh-based parallel Code Coupling Interface)をAircraft ECS systemでの事例を交えながら紹介する。
 
(6)海外UGMでのユーザーセッション事例を発表予定 −テーマ選定中−
Flowmaster Limited
 
(7)調整中
 
15:40 - 16:00 休憩
16:00 - 17:30
Flowmaster最新情報のご提供 各20〜30min
伊藤忠テクノソリューションズ(株)
  • CADインターフェースのご紹介
    • 3D CADとFlowmasterとのインターフェースのご紹介です。3D CADが有する中間ファイルを使用し、如何に効率よくFlowmasterのモデルを自動作成するかなど、CADインタフェースの活用方法や今後に関し、ご紹介致します。
  • THESEUS-FEのご紹介、THESUS-FEFlowmasterとの連成解析
    • 自動車室内の熱環境シミュレーションソフトウェアであるTHESEUS-FEのご紹介と、THESEUS-FEとFlowmasterの連成解析をご紹介致します。

      << THESEUS-FEによる熱快適性の評価を考慮した空調シミュレーションとは >>
      ( Air Conditioning Simulation with Thermal Comfort Rating by using THESEUS-FE )
      乗員乗車時のAC循環モードにおける自動車の室内の空調解析を外部熱環境条件である直接日射、周囲輻射、風速、雰囲気温度、湿度を境界条件とし、室内は対流伝熱、輻射伝熱と部材の熱伝導を考慮した伝熱解析をTHESEUS-FEを使用して行なう。ACの噴出し温度と湿度はFlowmaster2を使用して計算を行い、それらの値をTHESEUS-FEでのACの噴出し条件とする。さらに、航空機の客室内での熱快適性の評価を考慮した空調解析例も紹介する。また、乗員は体内の血液の流れによる熱移動を考慮した4層(皮膚、皮下脂肪、筋肉、骨)FIALAモデルを使用し、乗員の皮膚表面温度を計算する。さらにその皮膚表面温度を使用して乗員の熱快適性を指標化して評価する。
  • Flowmaster V7 FluidMixing機能のご紹介
    • Flowmasterの新機能であるFluid Mixingとは、複数の流体の混合を考慮する機能です。本セッションでは具体的な例をあげ、Fluid Mixing機能をご紹介します。
  • iSIGHT-FDFlowmaster V7との連成解析
    • 自動化/統合化/最適化ツールとして定評のあるiSIGHT-FDとFlowmasterの連成解析をご紹介します。
  • Flowmaster V7の新機能のご紹介
    • Flowmaster V7の最新機能をご紹介致します。
 
18:00 - 懇親会
   

※ユーザーセッションテーマ、開催プログラムは予告なく変更になることがあります。
※席に限りがございますので、お申込はお早めにお願いします。


お申込方法・お問合せ

お申込受付後、参加証を発行させて頂きます。

ご来場ありがとうございました

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
科学ソリューション営業部
TEL03-6203-7344