HOME > カテゴリ一覧 > 空港・空域

ソーシャルディスタンシング対応シミュレーション:ソーシャルディスタンシングを考慮した新しい運用体制の検討支援

ソーシャルディスタンシングが求められる中で様々な施設において新しい運用が必要です。
社会課題に対する新しい運用体制の構築・検討にシミュレーションを通して支援します。

概要

不特定多数の利用者がみこまれる施設では、利用者の安全の確保と安心感を高めるため、人と人との間に一定の距離を開ける、いわゆるソーシャルディスタンシングが求められています。

それは施設で対応可能な人数に制約を与えるため、想定以上の待ち並びが発生するなどの新たな問題を引き起こします。そのためソーシャルディスタンシングを考慮した運用が従来の運用とどの程度変化するのか、間隔を確保するために新たな受付設備が必要かなどの検討も含め、どのような運用変更を行うことでソーシャルディスタンシングを維持したまま効率的な運用が可能となるかシミュレーションを通して支援致します。

CTCがご提供するソーシャルディスタンスを考慮した運用シミュレーション

運用シミュレーション イメージ

詳細

ソーシャルディスタンシング イメージ

本シミュレーションではコンピュータ上で現実世界の動きを模擬して、現在の状況や諸条件変更時の運用方法の検討・可視化を行います。シミュレーションでは結果を定量的に確認することが可能な為、さまざまな状況をシミュレーションを用いて比較検討し、論理的な判断を支援できる点が特徴です。

また、検討の中でソーシャルディスタンシングを考慮し、人と人との距離を確保した状態でのシミュレーションを行い、それが与える影響を可視化できるため、経営層や関係組織等に対して説得力のある対策を示せるほか、想定外の待ち行列の発生による集団密度上昇などの問題を未然に防ぎます。

シミュレーションの流れ

ソーシャルディスタンシングシミュレーションの流れ
ソーシャルディスタンシングシミュレーションの流れ

コンピューター上に現実と同じ現象を再現するモデルを作成する為のデータ整理から始まり、シミュレーションが本当に正しく行われているのかを確認する妥当性検証を経て様々な状況を検証していきます。その後結果を確認し、評価を行った上でより良い運用にしていくためには何が必要かを検討していきます。シミュレーションは一度で完全に終わるものではなく、評価と検討を何度も繰り返し行っていくことで効率的な運用を目指します。

実態把握(現状分析)は、AI映像分析ソリューションを組み合わせることでより実態に即したシミュレーションも可能になります。

ソーシャルディスタンシングシミュレーション イメージ