HOME > プロダクト一覧 > Tosca

Toscaノンパラメトリック最適化

SIMULIA Tosca Structure は、ノンパラメトリック構造最適化のためのモジュラー システムです。 FE モデルのトポロジー、形状、ビード、およびサイズの最適化は、SIMULIA Tosca Structure で軽量かつ剛体で耐久性のある構成要素およびシステムの設計用に実施できます。 モデルのパラメーター化は必要ありません。

トポロジーの最適化は、指定された最大設計ドメインから始まる最適な設計提案を決定します。

形状の最適化は、構成要素のサーフェスは、局所的な応力または損傷のピークを低減するために変更されます。

ビードの最適化は、シート メタル構成要素用にビート補強材の最適な位置と方向を決定するのに使用されます。 SIMULIA Tosca Structure.bead を使用すると、静剛性と振動挙動を改善できます。

サイジングの最適化は、たとえば、剛性を高めるか、振動を低減するためのシェル構造の最適な厚みを導きます。

SIMULIA Tosca Structure での構造の最適化は、反復的なプロセスです。 構成要素の構造応答は、外部 FE ソルバを使用して設計サイクルごとに計算されます。 ユーザーは好みの前処理および後処理環境で、好みのソルバを使用することができるので、新しい CAE環境で追加のトレーニングを受ける必要はありません。 Tosca ANSA 環境 を使用すると、このリンクはさらに強固で、1 つのフロント エンドで最適化タスクの設定、開始、および検証を実行できます。

閉じた開発プロセスは、最初のコンセプトから CAD システムにおける最適化された形状に至る SIMULIA Tosca Structure の構成要素の相互作用によって実現できます。

新着情報更新履歴

  • 事例紹介に資料を掲載しました。[2020/03/04]
  • 動作環境に最新情報(Ver.2020)を掲載しました。[2020/02/04]
事例紹介資料配布中|Tosca:ノンパラメトリック最適化