HOMEプロダクト一覧PC-SLAB

PC-SLABPC床版設計計算プログラム

【PC-SLAB】は、少数桁形式のプレートガーダー橋に用いられるPC床版の橋軸直角方向、橋軸方向の設計を行うプログラムです。
本システムを用いることにより、PC床版の煩雑な計算が大幅に短縮可能となりました。

橋軸直角方向、橋軸方向の設計は、以下の構造形式を可能としています。

プレキャストPC床版(分割施工対応)

  • 直角方向:PRC構造(プレテン方式)
  • 橋軸方向:PRC構造(ポステン方式) or RC構造

場所打ちPC床版

  • 直角方向:PRC構造(ポステン方式)
  • 橋軸方向:PRC構造(ポステン方式) or RC構造

RC床版

  • 直角方向:RC構造
  • 橋軸方向:RC構造

機能と特長

  • 計算は従来単位、SI単位に対応しています。
  • コンクリート、PC鋼材、鉄筋はデータベースを持っており、設計基準強度、公称値、材質を検索キーとして選択可能です。
  • 出力はRTF(リッチテキストファイル)出力可能でM.S.Wordで編集可能です。
  • RC計算による鉄筋の引張応力度の計算においてPC鋼材を鉄筋として考慮するかどうかの選択が可能です。
  • ポステンケーブルは、自動配筋が可能です。
  • プレテンケーブルでプレストレスの減衰区間の距離の指定が可能です(初期値65Φ)。
  • 以下の項目はスイッチを設けて選択可能です。
    1. 鉄筋量のコンクリート断面への換算の有無
    2. 引張応力照査への部材寸法効果Kの考慮
    3. 排水等による欠損断面の設定
    4. ハンチ傾きの値による有効高さの自動変更
    5. 水平方向荷重の支間部の荷重の扱いをフレームの結果をそのまま採用する場合と無視する場合を選択可能。
    6. クリープによるPC鋼材の引張応力度の計算をコンクリート標準示方書による式とPRC橋の式を選択可能。
  • 地覆、壁高欄の荷重強度と重心位置は任意の形状データを入力して自動設定可能です。
  • プレキャストPC床版は吊上時の検討を行う事が可能です。
  • 一般図の作図や概略数量計算も行うことができます。

構造形式
プレキャストPC床版(分割施工対応) 直角方向:PRC構造(プレテン方式)
橋軸方向:PRC構造(ポステン方式)
場所打ちPC床版 直角方向:PRC構造(ポステン方式)
橋軸方向:PRC構造(ポステン方式)
RC床版 直角方向:RC構造
橋軸方向:RC構造
単位幅の設定
単位幅は以下のように設定しており、 鋼材本数は単位幅あたりの本数を入力する。
プレキャストPC床版 直角方向 : 1枚当りの寸法
橋軸方向 : 1m
場所打ちPC床版 直角方向 :入力で設定
橋軸方向 : 1m
RC床版 直角方向 :入力で設定
橋軸方向 : 1m
断面力の計算
  1. 入力条件からフレーム計算用のモデルを自動生成してフレーム計算を行う。
  2. PC床版設計プログラムを実行すると、自動的にフレーム計算が実行され、フレーム計算で作成される断面力の中間ファイルを読み込んで設計計算を行う。
  3. フレーム計算の単独計算を行い、結果の確認も可能である。
  4. FEM計算等で別途求めた断面力を検討断面位置に入力で与えることができる。
  5. フレーム計算における支点条件は以下タイプを選択して行う。
    • 主桁の拘束モデル
    • 張出しを考慮したモデル
    • 支点バネモデル(回転バネ)
    • 基本荷重ケース毎に設定
直角方向の照査項目 橋軸方向の照査項目
  1. 最小床版厚の照査
  2. 曲げ応力度の照査
  3. 曲げひびわれ幅の照査
  4. 引張鉄筋量の照査
  5. 曲げ破壊安全度の照査
  1. 曲げ応力度の照査
  2. 曲げひびわれ幅の照査
  3. RCループ継ぎ手の照査
  4. 中間支点付近のひびわれ照査
  5. 鉄筋疲労の照査
出力仕様
出力項目 設計計算書
応力度一覧表
フレーム計算結果
一般図
出力形式 ディスプレイ出力
ファイル出力(ただし,RTF形式)
プリンター出力


荷重種類 計算方法 備考
死荷重D 床版自重 D1 フレーム  
間詰めコンクリート D2 フレーム プレキャストPC床版
橋面自重 D3 フレーム  
活荷重L 自動車荷重 L1 道示 衝撃を含む
群集荷重(左右) L2 道示
高欄推力(左右) L2 フレーム
プレストレスカPS フレーム
2次力F 直後 F1 フレーム
有効 F2 フレーム
床版の付加曲げモーメント SM   フレーム
鉄筋拘束力S 道示  
雪荷重 SW フレーム  
風荷重 W フレーム  
温度変化荷重T フレーム  
衝突荷重(左右)CO フレーム  

PC-SLAB:PC床版設計計算プログラム
拡大
分割施工
  PC-SLAB:PC床版設計計算プログラム
拡大
概略数量計算
  PC-SLAB:PC床版設計計算プログラム
拡大
一覧表

制限事項

検討断面数 40断面
PC鋼材種類数 10種類(直角方向、橋軸方向共)
鉄筋段数 5段(直角方向、橋軸方向共)
主桁本数(支点数) 8本
追加可能なその他橋面荷重 20個(集中荷重またはモーメント)
5個(分布荷重)
鉄筋の配筋パターン 20種類

計算に使用する基準

道路橋示方書・同解説 Ⅰ共通編 (社)日本道路協会 平成8年12月
     〃     II橋編 (社)日本道路協会 平成8年12月
     〃     IIIコンクリート橋編 (社)日本道路協会 平成8年12月
     〃     Ⅴ耐震設計編 (社)日本道路協会 平成8年12月
設計要領 第2集 日本道路公団 平成10年7月
コンクリート道路橋設計便覧 (社)日本道路協会 平成6年2月
コンクリート道路橋施工便覧 (社)日本道路協会 平成10年1月
コンクリート標準示方書 (社)土木学会  
プレストレストコンクリート工法設計施工指針 (社)土木学会  
プレキャストブロック工法による
プレストレストコンクリート道路橋
設計施工指針(案)
共同研究報告書
建設省土木研究所
構造橋梁部橋梁研究所
平成7年12月
PC床版設計・施工マニュアル(案) (社)プレストレストコンクリート建設業協会 平成10年6月
PC連結桁設計の手引き(案) (社)プレストレストコンクリート建設業協会 平成10年6月
SI単位系移行に関する参考資料 (社)日本道路協会 平成10年7月
PRC橋の設計 技報堂 平成5年6月
鉄道構造物等設計標準・同解説 (社)鉄道総合研究所 平成4年10月
レオンハルトのコンクリート講座 鹿島出版 平成5年4月
平成9年度 第2東名高速道路鋼小数桁橋梁の
設計施工に関する照査研究(その4)報告書
(財)高速道路技術センタ 平成10年3月
平成10年度 第二東名・名神 鋼少数桁の
設計・施工指針
(財)高速道路技術センタ 平成10年10月
PC床版を有するプレストレスしない連続合成桁 (社)日本橋梁建設協会 連続合成桁W・G 平成8年3月
Zur Ri β breitenbeschrankung bei Verbundtragern G.Hanswille Januar 1986 : Technisch
-wissenschaftlilungen Technical
Reports Rapports Techniques
 


インフォメーション

ソフトウェア販売店契約締結のご案内

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と川田テクノシステム株式会社は、下記製品について販売店契約を締結いたしました。

契約締結により、今まで以上に身近なサービス提供を目指してまいります。

引き続き弊社製品のご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

取扱い製品一覧
  1. PC-SLAB
  2. ROADVIEW
  3. GRIDVIEW
  4. BLSUP