HOME > プロダクト一覧 > FINAL

FINALコンクリート構造物非線形FEM解析プログラム

FINALは、コンクリート系構造物のFEM非線形解析用プログラムです。 主に、コンクリート系の部材や構造物を対象として、それが静的・動的外力及び温度荷重を受ける場合の挙動を、材料レベルの構成則に基づき、コンクリートのひび割れや圧壊、鉄筋の降伏を考慮して詳細にシミュレートすることが可能です。

解析の信頼性は、既に様々な実験データにより検証されており、これまでにも複雑で大規模な構造物の挙動シミュレーションなど、多くの実績を持っています。

コンクリート構造物非線形解析アウトソーシング

システムレンタル & 解析アウトソーシングサービス

複雑なコンクリート構造物の挙動を高精度で解析。合理的で安全性に優れた設計を可能にします。

コンクリートは圧壊やひび割れ、鉄筋や鉄骨との付着など非線形性に富んだ材料といえます。 コンクリート構造物は圧縮力をコンクリート、引張力は鉄筋に分担させることや、プレストレスを与えて引張力の発生を押さえることにより成り立つ構造物です。 通常の荷重状態では弾性解析での引張応力を鉄筋やプレストレスで補うことで設計する事ができますが、設計レベルを超える荷重下での挙動を把握することはできません。

CTCでは、コンクリート系の部材や構造物を静的・動的外力および温度荷重が作用する際の挙動を、材料レベルの構成則に基づき、コンクリートのひび割れ・圧壊、鉄筋の降伏などの破壊に至るまでの挙動をシミュレートする解析アウトソーシングサービスを展開しています。

コンクリート部材・構造物が示す複雑な非線形挙動の予測解析は、合理的で安全性に優れた設計を可能にします。 CTCがお届けするこのワンランク上の解析アウトソーシングサービスを是非ご利用下さい。

※3次元FEM非線形解析プログラム【 FINAL 】は、株式会社大林組が開発したプログラムです。
【 FINAL 】は、株式会社大林組の登録商標です。

FINALは、コンクリート系構造物のFEM非線形解析用プログラムです。 主に、コンクリート系の部材や構造物を対象として、それが静的・動的外力及び温度荷重を受ける場合の挙動を、材料レベルの構成則に基づき、コンクリートのひび割れや圧壊、鉄筋の降伏を考慮して詳細にシミュレートすることが可能です。

解析の信頼性は、既に様々な実験データにより検証されており、これまでにも複雑で大規模な構造物の挙動シミュレーションなど、多くの実績を持っています。 特に、鉄筋コンクリートの面内せん断問題に関しては、独自の基礎実験に基づいて誘導した材料構成モデルが組み込まれており、この分野では優れた解析精度を有しています

インフォメーション

  • 2016年7月4日にバージョン11を更新
  • 2016年4月20日にバージョン11を更新
  • 2016年2月29日にバージョン11を更新
  • 2015年10月28日にバージョン11を更新
  • 2015年9月14日にバージョン11を更新
  • 2015年3月6日にバージョン11を更新
  • 2014年9月24日にバージョン11を更新
  • 2013年10月29日にバージョン11を更新
  • 2011年7月1日に新バージョン11をリリース
    2011年7月1日に新バージョン11をリリースいたします。
    新バージョンでは、コンクリート及び鉄材料のひずみ速度依存性モデルを追加、動的解析機能が強化されました。
    バージョンアップ項目をご覧ください。
  • E-ディフェンス 大型橋梁耐震実験の破壊解析-事前解析コンテスト FEM解析部門で優勝
    RC構造物の地震時応答と破壊挙動を予測するための数値解析技術の向上に寄与するため、段落としを有する実物大の円形断面橋脚(C1-2)を対象とした事前解析コンテストが実施され、FINALはFEM解析部門で優秀解析賞を受賞しました。解析審査項目は、せん断破壊の有無と応答の一致度(各応答値の実験値に対する精度)であり、せん断破壊は、せん断引張破壊、主鉄筋降伏後のせん断破壊に着目し、応答の一致度は、変位の時刻歴波形、荷重-変位関係、破壊の発生と破壊形態に関する情報が審査されました。
    FEM解析部門では4件の参加があり、優秀解析賞の受賞はFINALの1件だけでした。ここでも、FINALの解析精度が非常に高いことが実証されました。
    独立行政法人 防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センター 
  • 国際解析コンペでFINALによる解析が最優秀賞を獲得
    この度、米国Atlantaで開催されたACI(American Concrete Institute)のSpring Convention2007に設けられた特別セッションにて、国際ブラインド解析コンペの予測解析の結果を発表し、その精度について討議されました。ブラインド解析とは、実験結果を非公開として、与えられた条件に基づいて、参加者が実験結果を予測し、その精度を競うものです。 解析対象はRC造の柱梁接合部を切り出した十字、ト字型試験体で、柱や梁の主鉄筋量や加力方法を変化させた計5体に、地震時を想定した正負繰返し荷重を載荷して破壊させるというものでした。
    この解析コンペには世界各国よりRC構造の非線形解析の分野で著名な研究者を中心に11のグループが名乗りを挙げました。当初は12カ国24グループの参加表明がありましたが、最終的に予測結果を提出できたのは約半数となり、それだけ複雑で予測困難な解析でした。最優秀賞は、各発表者による投票を元に主催者の判断により決められ、その結果、13票中10票以上を獲得し、圧倒的多数で、見事FINALによる解析が1位に選ばれました。これはFINALによる解析精度が世界最高レベルにあるということの証しです。
  • システムレンタルを開始いたしました!
    様々な実験により検証され、高い信頼性を誇る【コンクリート構造物非線形解析プログラムFINAL】。 そのFINALのシステムレンタルサービスが開始されます。
    コンクリートのひび割れ、圧壊、鉄筋の降伏を考慮した高度な解析をお手元で。 是非とも、業務、研究、製品開発にご利用ください。
    レンタル価格 価格(税抜)
    一般企業向け FINAL V.9.9 システム月間レンタル価格 150,000円/月
    教育機関向け FINAL V.9.9 システム年間レンタル価格 お問合せください
*セミナー・イベントセミナー・イベント関連