HOMEプロダクト一覧BMStar特徴

特徴BMStar:ブリッジマネジメントシステム

システムの特徴

1.点検から事後評価まで、すべての業務を支援するブリッジマネジメントシステム

点検、劣化予測、LCC算定、重要度評価、維持管理目標設定、予算シミュレーション(平準化)、中長期予算計画策定、中期事業計画(長寿命化修繕計画)策定、中期事業計画の進捗管理、事後評価(フィードバック)といった橋梁維持管理に必要なすべての業務を支援するブリッジマネジメントシステムです。

2.点検支援システムを活用して点検コストを削減

モバイルPCを活用して、点検データを現場で直接入力する点検支援システムの活用により、点検作業の効率化と高度化を同時に達成しました。国土交通省橋梁定期点検要領(案)に準拠した損傷情報や劣化予測・LCC算定に必要なデータを効率よく収集できるほか、写真番号登録、点検漏れ警告などの機能を備えています。現場ですべてのデータ入力作業を完了することができるので、点検調書の自動作成が可能となり、点検コストの削減に寄与します。

3.点検データを反映した劣化予測式の自動修正

橋梁の部材要素ごとに評価した「劣化機構と健全度」を反映して、各要素の劣化予測式を、点検データを通るように自動修正する機能を備えています。点検データを入力した時点ですべての劣化予測式が現状を反映したものとなるので、LCC算定精度が向上します。

4.橋梁の重要度を反映した維持管理計画の策定

道路ネットワークにおける橋梁の重要度に応じて、維持管理目標(維持管理シナリオ)の候補を一つまたは複数選択することによって、橋梁の重要度評価を反映した維持管理計画を策定することができます。

※「維持管理シナリオ」とは:LCCを算定するには、管理水準(対策を実施する健全度)と対策工法を予め設定する必要があります。すべての部材種類・劣化機構ごとに「管理水準と対策工法」の組合せを設定し、橋梁単位でパッケージ化した「維持管理シナリオ」を準備しました。維持管理シナリオは、長寿命化シナリオと更新シナリオに大別されます。BMStarは、管理水準の違いによって6種類の長寿命化シナリオを標準装備しています。

5.予算制約に応じた対策実施優先度の決定

予め選定された維持管理シナリオ候補ごとにLCCを算定したうえで、予算制約を満足させる維持管理シナリオの組合せを探し出すのが予算シミュレーション機能です。中期予算(5ヵ年予算)を設定して予算シミュレーションを実施すると、「どの橋梁に中期予算を配分するのが全体のLCC低減に効果的か?」をシミュレーションして対策実施を優先させる橋梁を選び出し、同時に6年目以降の長期予算を算定します。中期予算の増減が長期予算にどのような影響を与えるかというデータを提示することによって、中期予算設定の根拠を明確に示すことができます。

6.実行可能な長寿命化修繕計画

予算シミュレーションによって予算が決定されると同時に、すべての橋梁の維持管理シナリオが最終決定され、全部材要素について「いつ、どんな対策が必要か、またそのコストはいくらか」というデータが得られます。このデータを元に、橋梁別・部材別の対策工事リストを出力することができるので、それをもとに中期事業計画(長寿命化修繕計画)を策定していただくことができます。点検データを反映して自動修正された劣化予測式に基づいてLCCを算定していますので、それをもとに策定される中期事業計画(長寿命化修繕計画)は、現状を反映した実行可能なものとなっています。

7.アカウンタビリティの向上

維持管理シナリオを全ての橋梁に設定していますので、すべての橋梁について、「いつ頃、どんな対策を実施する予定であるか」を説明することができます。これによって、利用者や納税者へのアカウンタビリティが向上します。