HOMEプロダクト一覧BLSUP

BLSUP橋長決定支援プログラム

【BLSUP】は、道路と河川、あるいは道路と道路の、平面的交差条件から最短橋長を求めることを目的とします。

機能と特長

画面で確認。

入力したデータはリアルタイムにイメージビューで確認できます。拡大縮小もイメージビューで実行できます。

橋台の位置決め機能。

たて壁前面、あるいはフーチング前面と河川幅員や用地等の関係からコントロールポイントを計算し、橋長や橋台前面の測点を丸めて計算できます。

交差条件から河川設定機能。

道路中心等の交差条件から河川の形状を設定できます。

橋長決定資料出力機能。

計算結果は、結果一覧表の他に座標計算書が出力されます。結果一覧表は、平面図の他に、 決定橋長やコントロール線との離れ等が一覧で表示されます。また、座標計算書には各交点の座標の他に、 最短橋長決定条件が文書化されて出力されますので、結果をそのまま橋長決定資料としてお使いいただけます。

桁最大張出し位置を出力機能。

橋梁区間内で桁方向線の最大シフト位置を自動計算しますので、桁配置も考慮した橋長を求められます。

DXFファイル出力機能。

計算した結果の平面図をDXFファイルにて出力しますので、お手持ちのCADへ。

線形計算との連動機能。

CTCの【道路・橋梁線形計算プログラム ROADVIEW】へデータを出力しますので、詳細計算につながります。

入力例

BLSUP:概要
拡大
  BLSUP:概要
拡大
     
BLSUP:概要
拡大
   

計算項目

橋長、桁方向長 橋長・桁方向長の丸め計算を考慮した長さの計算
パラペット位置 座標・測点(道路測点、河川測点)・交角の計算
基準線から最短クロス
までの距離
構造物側のコントロール線と河川側のコントロール線までの
直距離の計算
基準線からコントロールライン
までのライン長
構造物側のコントロール線と河川側のコントロール線までの
各ライン上での距離の計算
桁方向との角度 桁方向に対する角度の計算
桁配置可能幅 桁の最大張り出し位置の計算

制限事項

ライン数 30
ラインあたりの要素数 20
測線の数 2
DXFファイルの
出力ラインあたりの点数
500


新着情報

  • ソフトウェア販売店契約締結のご案内
    伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と川田テクノシステム株式会社は、下記製品について販売店契約を締結いたしました。
    契約締結により、今まで以上に身近なサービス提供を目指してまいります。
    引き続き弊社製品のご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。
    • 取扱い製品一覧
      1. PC-BEAMシリーズ
      2. PC-JOGシリーズ
      3. PC-COMPO
      4. PC-軽荷重スラブ
      5. PC-SLAB
      6. ROADVIEW
      7. GRIDVIEW
      8. BLSUP
      9. 溝壁の安定計算