HOMEプロダクト一覧Abaqus特徴

特徴Abaqus:リアリステック・シミュレーションのためのソリューション

効果的なモデリングツール

フィーチャーベースのパラメトリックモデリングにより、Abaqus/CAEはすべての解析の要求に応える効率的かつ効果的なプリポストプロセッサです。音響、コネクタ、損傷、破壊を含むAbaqus解析機能をサポートします。ユーザインターフェイスはステップ、相互作用、要素特性、材料特性などのAbaqusの概念に対応しており、ユーザは直感的にこれらを使用することができます。

ジオメトリ

パートとアセンブリはAbaqus/CAE内で拘束駆動のスケッチャーを用いて作成することや、外部CADシステムから中間ファイル形式でインポートすることが可能です。また、CATIA V5、SolidWorks、Pro/ENGINEER用のCADアソシアティブインターフェイスを使用し、CADとCAEのアセンブリを同期させ、ユーザ定義の解析フィーチャーを失うことなく、すばやくモデルを更新することができます。ジオメトリのクエリ、リペア、midsurfacing、省略を行う様々なジオメトリ編集ツールも用意されています。

メッシュ

Abaqus/CAEは、幅広いメッシュ機能を備えており、容易に短時間でメッシュを生成する様々なアプローチを提供します。その一つに自動仮想トポロジー・ツールセットがあり、モデル内の不要なジオメトリ詳細部分を自動的に無視するものです。構造メッシュ、スイープメッシュ、ボトムメッシュのテクニックがサポートされており、複雑なジオメトリ上に高品質のメッシュをすばやく生成することができます。また、連続体要素、円筒、流体、ガスケットを含む包括的な要素ライブラリも備えています。

接触

製造工程、ボルト締め付け組立、スナップフィット、衝撃事象にはすべて、物体間の接触があり、接触時の部品の挙動を理解することは、より良い製品の設計をするために不可欠です。Abaqusは変形体、剛体間の接触、自己接触などの広範囲にわたる接触モデリング機能を提供しています。

Abaqus/Explicitの一般接触機能は、異なる部品間の接触を自動的に検知するため、ユーザによる設定はほとんど必要ありません。これにより、接触定義を間違える可能性がなくなり、より正確な解が得られます。この強力な機能は、自動車、飛行機、家電製品、携帯電子機器などで見られる複雑なアセンブリで接触を定義する時間を大幅に短縮します。

高度な材料モデル

規則の増加、環境問題、軽量で費用対効果の高い製品などへの要求に応えるため、設計者は、鉛フリーはんだ、複合材、合成樹脂など新しい材料の検討を余儀なくされています。Abaqusは金属やゴムなどの一般的なエンジニアリング材料に加え、これらの新しい材料の現実的な挙動をシミュレーションできる広範囲の材料ライブラリを備えています。複合材板の層剥離、スポット溶接の引き裂き、電子ボールグリッドアレイのき裂、接着ジョイントの剥がれ、これらにはすべて損傷発生と損傷進展があります。場合によっては、蓄積された損傷は、決定的な破壊を引き起こします。Abaqusは、このような破壊を予測する手助けとなる進行する損傷のモデリングのための一般フレームワークを提供しています。これにより、製造者は安全な設計を得ることができ、費用のかかるプロトタイプを作成する必要がなくなります。複合材層のモデリングと高度な材料モデルの同定は、時間を消費し、またエラーを起こしやすいものでした。Abaqusは複合材レイアップモデリングと対話型の材料評価のための最先端のツールを備えておりモデルの設定時間を短縮し、モデリングエラーを軽減します。

シミュレーションパワーの拡張

Abaqusは、作業を単純化し、全体の開発期間を短縮するための革新的な解析手法を提供しています。例えば、直接周期プロシージャは、周期荷重下での定常応答の解析を計算効率よく行う手法であり、熱疲労が着目点となる電子機器あるいはパワートレインなどのアプリケーションなどに適しています。アダプティブリメッシュは、正確な解が必要な場所を自動的にリメッシュすることでメッシュ作成作業を軽減します。

今日の多くのアプリケーションには複数の物理現象の相互作用が含まれています。例えば薬剤溶出ステントの安全で効率的な設計のために、エンジニアは血流とステントの間の相互作用を考慮する必要があります。これらのアプリケーション用に、Abaqusは、熱-電気、構造-音響、間隙水-応力の相互作用を含む広範なマルチフィジックス機能を備えています。また、オープンスタンダードのコード連成もサポートしており、流体-構造連成解析を行うために商用あるいは内製CFDソフトウェアとAbaqusを連成させることも可能です。

高性能シミュレーション

解析時間の短縮は、複数のより詳細な設計やシナリオの調査を可能にします。Abaqus/Standardの分散メモリ並列直接ソルバは、高いスケーリングとロバスト性を実現しています。Abaqus/Explicitの並列化は、領域分割テクノロジーをもとにしており、計算処理を大幅に加速し、生産効率を大幅に向上させます。現在、多くの産業アプリケーションで64CPUまでの効率的な並列スケーリングが行われており、1CPUで数日かかるモデルが一晩で解析できるようになっています。

更にAbaqus/StandrdはAbaqus/AMS固有値解析ソルバによって大規模モデルに対する高速の線形動的フレームワークを提供しています。また、Abaqusの部分構造と材料減退の機能を組み合わせると、パワートレインや車体の騒音と振動の研究に最適なソリューションとなります。

結果表示

Abaqus/CAEのクラス最高の結果表示機能は、ユーザの解析結果に対する解釈と処理の大きな助けになります。ジョブの診断情報が可視化されるため、簡単に解析の進行状況を追跡しその状態を把握できます。大規模な複雑なモデルでも、コンター、パス、X-Yプロットなどの幅広い機能を用いて結果表示可能です。また、表示グループ、ビューカット、フリーボディ・カットを使用して特定の領域における結果を評価することもできます。